ダンプの買取について

一般に、土砂・砂利などの運搬を主目的とした特殊車で、荷台を油圧シリンダーで傾斜させて排出します。(DUMP=投げ下ろすの意味から「ダンプ」と呼ばれています。)
荷台の操作は、トラックのエンジンの力をPTO(パワーテイクオフ)という装置によって油圧に換え、運転席のダンプレバーで、油圧シリンダーにオイルを送ることで、簡単に行います。
ダンプは狭い工場現場で動きやすくするため、ホイールベースの短い車両が使われています。